メニュー

tel
0120-555-438
選べる査定方法
無料オンsライン査定 LINE査定
お酒買取専門店 JOYLABワイン買取アメリカワイン

アメリカワイン

お酒買取専門店 JOYLABワイン買取アメリカワイン

アメリカワイン買取

アメリカワインはフランス・イタリア・スペインに次いで世界第4位の生産量を誇っています。
アメリカはワイン生産国としての歴史はそう古くはありません。
ワイン造りの歴史が古いフランス、イタリア、スペイン、ドイツなどを「旧世界」と呼ぶのに対し、歴史が新しい生産国は「新世界」と呼ばれています。アメリカはこの「新世界」に属しています。


アメリカのワイン造りが始まったのは18世紀頃でスペインの宣教師がカリフォルニアでブドウ栽培を始めました。
その後、1920年から禁酒法が制定され、一時期カリフォルニアワインの生産が途絶えてしまいます。
生産が途絶えている間も教会の礼拝用ワインの製造は認められていたため、一部のワイナリーでは生産はされていました。
13年間に及ぶ禁酒法を経て、解禁となった翌年の1934年にはワイン生産者で組織した「ワイン・インスティテュート」という協会が設立されます。
その後、カリフォルニア大学のデイヴィス校でブドウ栽培・ワイン醸造科が設けられ、ワイン産地として名を馳せていく基礎が築かれていきました。
ヨーロッパのワイン醸造と異なり、ブドウ栽培とワイン醸造の分業が成立していることが多いのが特徴です。


アメリカ大陸の持つ地形や地質、気候の多様性がブドウの成長に良い影響をもたらす背景もあり、アメリカでは全ての州でワイン造りが行われています。
その生産量の95%がわずか4つの州で生産されており、カリフォルニア、ワシントン、オレゴン、ニューヨークで生産されています。
特にカリフォルニア州はアメリカで最も生産量が多く、その他の3州の約5倍ほどの生産量を誇っています。
アメリカのワイン=ナパ・ヴァレーという時代から、ソノマやセントラルコーストの台頭や、今やピノノワールの銘醸地として知られるオレゴン、ワシントンなど近年ではニューヨークのワインも非常に注目が高まってきています。


アメリカのカリフォルニアの気候は温暖なため、ブドウが完熟しやすい環境にあります。
赤ワインのブドウの品種はカベルネソーヴィニヨン、メルロー、ピノノワールが使用されています。
白ワインブドウの品種はカシャルドネ、シュナンブランが使用されています。
アメリカのブドウ品種で特に特徴的なのは独自品種であるジンファンデルがあります。

ワインをいますぐ簡単無料査定
ワイン いますぐ簡単無料査定
▼ ▼ ▼
業界No.1水準の
買取価格表を確認する
業界No.1水準の
買取価格表を確認する

最新買取価格表 最新買取価格表

全国店舗展開
お近くの店舗を確認する
全国店舗展開
お近くの店舗を
確認する
JOYLAB店舗一覧 JOYLAB店舗一覧
close

無料査定とお問い合わせはお気軽に

お酒買取についてわからないことなど、なんでもご相談ください。