メニュー

tel
0120-555-438
選べる査定方法
無料オンライン査定 LINE査定
お酒買取専門店 JOYLABワイン買取ワインの主要な産地

ワインの主要な産地

お酒買取専門店 JOYLABワイン買取ワインの主要な産地

ワインの主要な産地

ワインの産地は、言い換えればその原料となる葡萄の産地と言うこともできます。
ブドウは世界各地で作られていますが、良質なワインを醸すためのブドウとなると、生育条件が限られます。
有名なワイン産地は、平均年間気温が10〜20℃の間で、夏に十分な日照がある北緯30〜50度、南緯20〜40度の地域に集中しています。

フランス

世界各国にワイン文化が広く浸透していますが、中でも世界的に有名でワインのお手本になっているとも言えるのが、ワイン王国フランスです。
フランスは生産量が世界の約20%を占め、品質面でも世界をリードしています。
多種多様なワインがつくられており、多くの有名産地が存在します。
中でも、ボルドー、ブルゴーニュ、シャンパーニュは3大ワイン産地です。
カベルネ・ソーヴィニヨンやメルローなどタンニンの多い品種を使い、重厚な赤ワインを生み出すボルドーや
ベルベットや絹のような口触りの滑らかで繊細なピノ・ノワールを原料としたワインを造るブルゴーニュは日本でも多くの人に愛されています。
一方で、繊細でクリーミィな泡で魅了させるシャンパーニュは、お祝いごとの席などでも好まれ日本は世界トップクラスの輸入量を誇っています。
その地方ならではの地形、土壌、気候、葡萄の品種、醸造方法があるため、つくられるワインにも地方色が色濃く現れています。
フランスワインの双璧をなしているのが、ボルドーとブルゴーニュですが、その他にもコート・デュ・ローヌ、南フランス、ロワール、アルザスなども世界的な有名産地として知られています。

イタリア

イタリアはフランスと並んで世界屈指の生産量を誇っています。
暖かい地中海性気候に恵まれたイタリアは、温暖で日照時間も長いことからブドウが完熟しやすく
ブドウが育つ生育期にほとんど雨が降らないために病気に侵されることも少なく、湿気を嫌うブドウにとっても最適な環境です。
国土全体が葡萄の栽培に最適な地域だと言えます。
イタリアは南北に長い国土を持っているので、地域によって気候がかなり異なり、ワイン用の葡萄の品種だけで約200種類にも及びます。
葡萄の品種が多いことから、つくられるワインの種類やタイプも他の国に類をみないほど多種多様です。
特にピエモンテ、ヴェネト、トスカーナなどの北部諸州が名醸地として知られています。

スペイン

ブドウの栽培面積がEU圏内にある全ブドウ畑の約30%にあたり、栽培面積は世界1位で
ワイン生産量はフランス、イタリアに次ぐ世界第3位というワイン大国です。
産地ではリオハ、カタルーニャ、アンダルシアなどが知られ、バルセロナ近郊で作られるお手頃価格のスパークリングワインであるカバも人気です。
カバはシャンパンと同じく瓶内二次発酵で造られているためにクリーミィな泡を含み、土着品種に加えて伝統品種も使用されて丁寧に造られています。

アメリカ

アメリカは世界第4位のワイン生産国で、ワシントン州やオレゴン州、ニューヨーク州などのアメリカ東部地域でも
ワインづくりは行われていますが生産量の90%をカリフォルニア州が占めています。
カリフォルニア州は西海岸に位置しており、地中海性気候に恵まれており、太平洋に面したカリフォルニアの気候や風土は
夏は涼しさ、冬は暖かさをもたらしてくれるため、葡萄栽培に非常に適しています。
中でもブドウ栽培に適した気候風土のナパ、ソノマは高級ワインの産地として知られています。
アメリカは多種多様のブドウが栽培されており、テーブルワインからプレミアムワインまで様々なワインを生産しています。

ドイツ

ドイツは世界的に珍しい、白ワインの生産が多い国です。
糖度が高い貴腐ワインや遅摘みのブドウによる甘口で高級な白ワインの格付けが高く、その生産地としてのイメージが高いです。
産地で特徴的なのは、川近くにある急斜面の畑です。
ドイツは北緯の高い位置にあるために平均気温が低く、ブドウにとって厳しい気候ですが、北部では川近くの急斜面に
ブドウ畑があり、太陽光が水面によって照り返しされることによって昼も夜も安定した気温が保たれています。
このことにより霧が立ち上ってもブドウが脅かされることは少なくなります。ライン川を中心にブドウ畑がブドウ栽培の北限の地にまで及びます。
最も著名な品種は、全栽培地の22%を占めるリースリングで、収穫時期毎に分けて醸造するため時期によって味わいも変わります。
バランスが良いフレッシュで華やかな果実味を感じさせる辛口ワインから、濃厚で食後酒としても好まれる貴腐ワインまで様々な姿に変化します。

close

無料査定とお問い合わせはお気軽に

お酒買取についてわからないことなど、なんでもご相談ください。