メニュー

tel
0120-555-438
選べる査定方法
無料オンライン査定 LINE査定
お酒買取専門店 JOYLABワイン買取ワインの格付けとは

ワインの格付けとは

お酒買取専門店 JOYLABワイン買取ワインの格付けとは

ワインの格付けとワイン法

ワインの格付けは国により異なり、フランスに関しては産地による格付けもあります。
ワインは、世界各国で造られ、ブドウを栽培する産地の気候や栽培方法から、収穫、醸造方法により、さまざまな個性が生まれます。
そのため、ワインの個性を尊重しながらも品質を保っていくために ワイン法が生まれ、その品質の基準となっているのが格付け です。
フランスでワイン法が生まれたきっかけは、ボルドー、ブルゴーニュ、シャトーヌフ デュ パプなど、すでにフランスワインの銘醸地として人気のあった有名産地を騙るワインが大量に出回るという残念な出来事があり、
その対抗手段として、有名産地を騙った偽物の製造を防ぎ、伝統と個性や品質を守るため、法律を制定することにしたのが ワイン法=原産地統制名称(A.O.C.)です。
そして、2009年8月、EUに加盟しているワインの産地は、新たなワイン法の規定が発令されました。
これまで、A.O.C.、V.D.Q.S.、Vin de Pays、Vin de Tableに分かれていたフランスワインの品質分類も、新たなワイン法により、A.O.C(appellation d’origine controlee)は、
A.O.P. (Appellation d’Origin Protegee) に変更され、A.O.P. 、I.G.P、地理的表示のないワイン、の3階層に変更になりました。
それでは、世界各国の格付け・ワイン法をご紹介します。

フランス

さきほども少しふれましたが、フランスでは、2008年までは AOC法 、2009年からは AOP法 と呼ばれる国で定められたワイン法があります。
頂点のAOPワインは、生産地、生産法、品種などが細かく決められており、厳しい審査にクリアしたワインで、日本に輸入されるほとんどのワインがこのAOPの分類になります。
AOP法の規定が発令され、新しい法律に基づき、ラベルの記載などの改訂が行われました。それぞれの名称を頭に入れておけば、初めてのワインでもそのクラスや品質を推し量ることができるでしょう。

イタリア

イタリアのワイン法は、原産地呼称立法やEC規定などで、もともと4つのクラスに分類されていましたが、新しいワイン法により、下記の3つに分類されるようになりました。
D.O.P.(D.O.C.G.、D.O.C.) 保護原産地呼称ワイン
I.G.P.(I.G.T.)保護地理表示ワイン
Vino テーブルワイン

ドイツ

ドイツはEU加盟国の中でも特に細かく定められており、ブドウの糖度によってきめられています。
Qmp(高級ワイン) 生産地限定格付け上質ワイン
QbA(上級ワイン) 生産地限定上質ワイン
Deutscher-Landwein 地酒 トロッケンハルプトロッケンのみ。
Deutscher-Tafelwein 日常用テーブルワイン

新しいワイン法により下記の3つに分類にされるようになりました。
g.U.(Prädikatswein、Q.b.A.) 地理的表示付きワイン
g.g.A.(Land wein) 地理的表示付きワイン
Deutscher-wein 地理的表示のないワイン

スペイン

V.P. 単一ぶどう畑限定高級ワイン
D.O.C. 統制保証付原産地呼称ワイン リオハ地区のみ
D.O. 統制原産地ワイン
Vino de la Tierra 地酒・生産地名付ワイン 地理的生産地表示テーブルワイン
Vino de Mesa 日常用テーブルワイン

新しいワイン法により下記の3つに分類にされるようになりました。
D.O.P. (V.P.C.、V.P.、D.O.C.a.、D.O.、V.C.) 原産地呼称保護ワイン
I.G.P.(Vino de la Tierra)地理的表示保護ワイン
Vino テーブルワイン
また熟成ワインには、ワインの熟成の長さによる格付けもあります。
グラン レゼルヴァ、レゼルヴァ、クリアンサ、シン クリアンサ、ホベン

アメリカ合衆国

アメリカのワイン法では産地名、ぶどう品種、収穫年、アルコール度数の記載等を規定し、
カリフォルニアでは、州独自のより厳しい規制を設けています。
州名表示(その州で収穫された葡萄を75%以上使用(カリフォルニア州は100%))
郡名表示(その郡で収穫された葡萄を75%以上使用)
収穫年 A.V.A.(政府認定栽培地域)は、95%以上、その他のワインは、収穫年の葡萄を85%以上使用。
畑名 その畑で収穫された葡萄を95%以上使用。
アルコール度数 7~13%の範囲で、±1.5%の誤差を許容。
ぶどう品種 同一品種のぶどうを75%以上使用。

close

無料査定とお問い合わせはお気軽に

お酒買取についてわからないことなど、なんでもご相談ください。