メニュー

tel
0120-555-438
選べる査定方法
無料オンライン査定 LINE査定
ホーム海外ウイスキー買取モルトウイスキーとは

モルトウイスキーとは

ホーム海外ウイスキー買取モルトウイスキーとは

モルトウイスキーとは

モルトとは

モルトとは大麦を発芽させた麦芽のことをいいます。
なぜ、大麦をそのまま使用せず、発芽させて麦芽にする必要があるのでしょうか。
それはウイスキーの製造工程を知る必要があります。

モルティング(精麦)

ウイスキーの製造工程を簡単に説明すると原料となる穀物に含まれるデンプンを糖化させて、酵母の力でアルコール発酵させます。
これを蒸溜させてアルコール濃度を高めて樽で熟成させれば完成となります。
大麦は「デンプンを糖化」することができませんが、発芽させて麦芽にすることで「デンプンを糖化」にすることができます。
この工程をモルティング(精麦)と言います。

モルトウイスキーとは

その名のとおり、モルト(大麦麦芽)で製造されたウイスキーのことです。
ウイスキー造りには「糖化」と呼ばれる工程が必要ですが、大麦は発芽する際に「デンプン分解酵素」を作り出し、自ら糖化を促進します。
この特性がウイスキー造りに適していることから、モルトウイスキーが生まれたのです。グレーンウイスキーの糖化にも、このモルトが使用されています。

モルトウイスキーは、ウイスキーの本場・スコットランドでは主流となるウイスキーです。
単式蒸留器(ポットスチル)で2~3回蒸溜して造られるのが一般的で、原料由来の香りや味が色濃く残り、個性豊かなウイスキーに仕上がるのが特徴です。
個性の豊かさは“クセの強さ”として受け止められることもありますが、対照的にクセの少ないグレーンウイスキーと調合された「ブレンデッド・ウイスキー」が開発されたことで、世界的に普及しました。

実はモルトウイスキーにはさまざまな種類があり、国産ウイスキーに多い「シングルモルト」や、他にも「ブレンデッドモルト」など「モルト」と付くウイスキーの種類は多いのです。少しご紹介します。
【シングルモルト】
同一の蒸溜所で造られたモルトウイスキーだけを瓶詰めしたウイスキー。
蒸溜所ごとの個性が色濃く表れるため、味や香りにこだわりが強いウイスキー愛好家から人気があります。
【ブレンデッドモルト】
複数の蒸溜所で造られたモルト原酒を混ぜたウイスキー。
別名「ヴァッテッドモルト」とも言い、モルト原酒同士を混ぜることを「ヴァッティング」と呼ぶことからその名がつけられました。
【シングルカスク】
同一の蒸溜所で造られたモルト原酒のうち、さらにひとつの樽で熟成されたウイスキーだけを瓶詰めしたウイスキーのことで、「シングルバレル」とも呼ばれます。
1つの樽からしか造られないわけですから、稀少性が高くプレミアが付くこともしばしばあります。

close

無料査定とお問い合わせはお気軽に

お酒買取についてわからないことなど、なんでもご相談ください。