メニュー

tel
0120-555-438
選べる査定方法
無料オンライン査定 LINE査定
お酒買取専門店 JOYLAB日本酒買取日本酒の人気おすすめランキング

日本酒の人気おすすめランキング

お酒買取専門店 JOYLAB日本酒買取日本酒の人気おすすめランキング
1位

十四代 本丸

本丸

十四代の中心という意味もあって名づけられた本丸は、米と米麹に醸造アルコールを加えた「芳醇旨口」の本醸造酒です。 吟醸酒のようなフルーティな香りと上品な甘みに、うまみ、辛みのバランスがすばらしいです。のどごしよく、後口も良いのでスイスイすすむお酒です。「秘伝玉返し」とついているのは、自社製造の酒粕焼酎をアルコールとして添加していることからのようです。アルコール添加されているとは思えない芳醇さが魅力のお酒です。

2位

十四代 龍泉

十四代 龍泉

十四代の最高峰といわれる龍泉は、純米大吟醸酒です。精米歩合が50%よりもさらに磨いた酒米と稀少なもろみ、斗瓶囲い、仕込み水は桜清水、酵母、醸造環境にもこだわってていねいに造られています。 風味豊かでフルーティな開放感がある香り、バニラのような華やかな甘さ、やわらかなコクも感じれられます。口に含むと流れるように舌の上を転がっていきます。他の大吟醸とは一線を画す龍泉、大切にじっくり楽しみたいお酒です。

3位

十四代 白雲去来

十四代 白雲去来

高木酒造が創業400年を記念して造られたのが白雲去来です。「白雲がわき立ち去来することで、吉相が現れる前兆、空がひかり輝く様子」を意味します。山田錦と愛山特米を使用し、精米歩合は35%、つまりお米を65%も削っている高精米で造られ、氷温で1年熟成した純米大吟醸酒です。 熟成酒らしいとろりとした口当たりで、果実や蜜を思わせる繊細なうまみが感じられます。芳醇で心地よい香りが鼻腔をくすぐります。芸術的な味わいと称されています。

十四代 龍月

十四代 龍月

十四代 龍月は、山田錦を徹底して磨き上げた精米歩合40%、ていねいにしぼり、七垂二十貫で斗瓶囲い氷温熟成、11月限定出荷のお酒です。国内ばかりでなく世界中に需要があるので超プレミアム酒となっています。 華やかな香りが立ち、フルーティで上品な口当たりです。ふくよかな味わいを堪能するためにはあまり温度を下げすぎないほうがいいかもしれません。また、洗練されたまろやかさを楽しむためにはグラスよりも陶器がおすすめです。

十四代 双虹

十四代 双虹

「7色の虹がふたつで十四」から名づけられたという説がある十四代 双虹は、肩に、七垂二十貫の文字が載っています。これは、昔、七垂二十貫で酒を造ると蔵が潰れると言われました。つまり、二十貫のお米から7垂れ程度のお酒しかとれないぐらい贅沢に造られたお酒ということです。 山田錦特米、精米歩合は35%、氷温熟成させた限定品で、豊かな香り、フルーティーな味わい、芳醇さが鼻腔に、口に、広がります。大切に飲みたいのに進んでしまう飲みやすいお酒です。

新政 No.6

新政no6

秋田の新政酒造の定番生酒、6号酵母の魅力を伝えるために醸造されるラインがNo.6です。 No.6は、3タイプあります。eXcellentを意味するX-Typeは、6号酵母の清楚で力強い存在感を感じます。クラシックとモダン、ボリューム感とクリア感、バランスが見事な純米吟醸です。S-Typeは、Superiorとして、個性と完成度の両立が魅力です。口当たりは、前半の濃縮感と、後半のキレの好対照さが楽しめます。R-Typeは、Regularとして気軽に生酒らしい甘みと酸味が楽しめます。

飛露喜 純米大吟醸

飛露喜 純米大吟醸

廣木酒造は江戸中期創業、200年続く蔵元です。現在9代目蔵元杜氏の廣木健司さんが1999年無濾過生原酒の飛露喜を売り出しブレーク、以来、飲み飽きしない王道の酒造りに邁進し続けています。 飛露喜の中でも最上級の純米大吟醸は、山田錦100%でやさしい吟醸香とほのかにフルーティな香りが立ちます。口にふくむと、なめらかなうまみと心地よい酸がバランスよく広がります。味わい深さを楽しみながら、気づけばスイスイ進んでいるきれいなお酒です。

写楽 純米酒

写楽 純米酒

「酒を飲む人の心と記憶に残る最高の一本となる酒を生み出したい」との信念のもと作り出された写楽純米酒は、小仕込の吟醸造り、上槽後はプレートヒーターで瓶火入れ、急速冷却、瓶貯蔵と、出荷までの工程に妥協はありません。 ほのかな果実の香り、米のうまみが感じられます。フルーティ感とやわらかな甘み、すっきりとした酸味が口の中でバランス良く広がります。後口がさわやかで、どんな料理にも合うので食中酒にも向いています。

黒龍 石田屋

黒龍 石田屋

目をひく美しい青いボトルの黒龍「石田屋」は、自信と矜持が感じられる屋号からの命名です。見た目、名前、開ける前から心が躍ります。販売は毎年11月の予約限定品です。 純米大吟醸酒を低温で長期熟成しているので驚きのまろやかさです。ピンと張った印象とひかえめな優しい香りが立ちます。口にふくむと、あらゆる果実の香りと、うまみ、絶妙な酸味が豊かに広がり、幸福感に包まれます。日本酒度+3の表記ですが、ほんのり甘みが感じられます。

黒龍 しずく

黒龍 しずく

酒袋から自然にしたたり落ちる一滴から「しずく」と名付けられました。淡麗で日本酒度は+4度のやや辛口の大吟醸酒、ていねいに手貼りされた越前和紙のラベルも誇らしげです。販売は6月と11月の2回です。 しずくは、原料と製法にこだわりぬいた、ていねいに手作りされたお酒です。ライチやいちごのフルーティな香り、口にふくむとかすかにバナナが感じられ、するすると喉に流れていきます。その名のとおり透き通ったきれいな味わいです。

close

無料査定とお問い合わせはお気軽に

お酒買取についてわからないことなど、なんでもご相談ください。